美里吾平コミュニティ協議会 | ぐるっとおおすみ

リバーサイドウォーキングあいら川の開催

美里吾平コミュニティ協議会

newsニュース

2023.01.30

「男塾」とは?

  

今回は吾平町にあるボランティアグループ「男塾」の紹介です。
 
「男塾」は吾平町内の男性の有志が集まって、地域に貢献することを目的に、各種の作業をしています。併せて、会員間の交流、仲間づくり、自分の生きがいづくりにも役立てています。
活動資金は、社会福祉協議会(社協)、美里吾平コミュニティ協議会(コミ協)からの助成金やバザーの売上の一部などです。
 

1 メンバー
吾平町に居住したり勤務したり、吾平町と関係が深い、原則60歳以上の男性です。現在は14名です。リーダーは徳留好美氏です。
 

2 活動の場所
作業・活動内容に応じて活動場所を変えています。「ふれあいセンター」「地区公民館」「茶のん家」「社協」「吾平振興会館」「小学校」など。
 

3 何をしているか?
メンバーができることで、地域に貢献することは何でもしようという心意気を持っています。現在、取り組んでいる事例を以下に紹介します。
 

① 刃物研ぎ
コロナ前は、各地区で高齢者の交流会を「サロン」と称して、ほぼ毎月行っていました。その時に、高齢者が持参した、切れにくくなった包丁、剪定ハサミ、鎌、鍬などの刃物を研いで、切れやすくして渡していました。
最近は、コロナの影響でサロンの開催が減ったため、「茶のん家」「社協」で希望者の刃物を研ぐことが多くなりました。なお、令和1年度は10回(刃物数840丁)、2年度は9回(525丁)、令和3年度は8回(248丁)、刃物研ぎをしました。



② 高齢者との交流
「サロン」で刃物研ぎが終わったら、メンバーがサロンの高齢者とお茶を飲みながら談話したり、歌や踊りを披露したり、ハーモニカの伴奏で全員で童謡などを歌ったりしています。



③ 門松づくり
孟宗竹の伐採から始めて、門松を作り、神社、社協、コミ協、包括支援センターなどに設置しています。昨年度は6セット、本年度は7セットの門松を作りました。



④ 木や竹の小物づくり
木や竹を加工して、花鉢入れプランター、小鳥風車、バランストンボ、音鳴り竹コマ、竹灯籠などを作り、小学校などに寄贈したり、バザーで販売しています。以下の写真は、竹灯籠とバランストンボづくりです。

  


⑤ 学校応援団
吾平町内の小学校からの要請に応じて、昔遊び(竹とんぼ、コマ回し他)や凧揚げの指導、町探検授業の付き添い(安全確保他)などをしています。



⑥ その他
ふれあいバザー(茶のん家もりあげ隊と共同)、そば打ち体験会、公共施設の外装塗装など。以下の写真は、旧神野小学校にある「なかん岳庵」の外装塗装作業です。




 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとおおすみは一切の責任を負いません