大隅史談会 | ぐるっとおおすみ

大隅半島の歴史と文化、豊富な史跡と文化財を掘り起こし、今日と未来に伝えていこうとする民間団体です

大隅史談会

newsニュース

2020.09.15

垂水島津家墓所(垂水市田神)

伊作島津の日新公忠義が、次男の忠将が永禄4年(1561年)に肝付氏の守る福山廻城の合戦で討死したことを憐れみ、忠将の子以久に垂水島津家を興させました。

島津氏は、本家を中心に一門家(垂水・加治木・重富・今和泉)があり、垂水島津家は最上位の家臣でした。

垂水島津家墓所は、垂水島津家の菩提寺であった心翁寺(しんおうじ)の一部で、6代・忠紀(ただのり)以降の歴代領主とその一族・忠臣の墓碑等石造物が多数存在します。
 



領主夫婦の墓は並立して設置され、正面から向かって右側に領主墓碑、左側に正室墓碑が置かれ、領主墓碑の方が夫人墓碑よりも高く作られています。いずれの墓碑も宝篋印塔(ほうきょういんとう)と呼ばれる型式をしています。




現地にある説明板の「垂水島津家の歴史的背景と墓石の特徴」と「歴代領主の功績・エピソード等」は、見学者には有難い案内です。






 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとおおすみは一切の責任を負いません